キャッシング審査で比較

現代はただ普通に生きているだけでも何かとお金を使ってしまいます。昔はお金を使わなかったようなものでも、今ではお金を使うことが当たり前となっているものがたくさんあります。ですから毎日にお金を使うことになるのです。お金は毎日使ったとしても、収入は月に一回であることが多いです。ですから月に一回の収入までお金が持たない事もあるのです。そんな時は借金をして次の収入まで間に合わせなければいけないのです。借金をする場合に注意したいことは金利といえます。金融機関でお金を借りると利息を払うことになります。金利は利息の額を決めるものです。ですから金利に関して無関心でいることはできないのです。金利が安ければ返済がしやすいですから、次の借り入れもしやすくなるのです。社会で生きていると借金をする機会が何度かあることになりますから、借り入れがしやすいということはとても大切な事と言えます。

また貸し出し審査も重要な事と言えます。借金をしようと思ってもこの貸し出し審査に合格しなければお金は借りられないのです。ですから貸し出し審査が比較的簡単な所からお金を借りるようにすればいいのです。キャッシングは貸し出し審査が銀行よりも簡単ですからお金を借りやすいといえます。ですからキャッシングを比較して選ぶ時にはキャッシング比較:申し込み前のチェックポイントなどのサイトで確認しながら金利の安い所を選べばいいのです。そうすれば借りるのも簡単ですし返済もしやすくなります。ですからキャッシングは貸し出し審査と金利で比較すると良いと言えます。



所得証明書不要のカードローン

所得証明書不要のカードローンには、勤務先保証方式のものがあります。勤務先保証方式のカードローンとは企業が従業員の福利厚生として従業員の銀行からの借入に連帯保証をしているものです。従業員の返済が不能になった場合には、従業員に代わって勤務先企業が借入の弁済をする仕組みです。銀行にとっては企業への与信であって、個々の従業員の信用状態とは無関係に融資が可能になります(出典:所得証明書は50万円までなら原則不要の融資)。

そのため所得証明書不要で申込ができます。自分の勤務先にこのような恵まれた福利厚生制度が用意されていないか確認してみるべきです。自分が知らないだけで、銀行と提携して用意されている可能性があるからです。

返済は給料天引きで行われて、企業がカードローン利用者全員の合計返済額を銀行に振り込みます。返済口座への入金を忘れて返済が滞るような心配も無用ですので便利で安心です。借入限度額は、従業員の退職金の範囲内で勤続年数や役職に応じて決めている企業が多いです。従業員が返済できなくなった場合や退職した場合には、退職金と相殺することで回収できるからです。

当然のことながら、銀行から企業に対して従業員ごとの借入金額が通知されます。従業員の借入依存が増加するとして敬遠する企業もありますが、従業員が高金利の借入をしない点で安心だとする企業もあります。金利は一般のカードローンと比較すると大幅に低く設定されています。このような仕組みを銀行と提携できるのは信用度の高い大企業です。



更新日:2016/09/28